ふるさと納税について知りたいならこのサイト

>

始まりは平成20年から

ふるさと納税とは

自身が関心を持った都道府県を個人的に応援できる寄付制度です。
当然ただ寄付するだけではなく、その額に見合った数々の名産品をゲットすることもできます。
こうした点が人気を呼び、積極的に寄付活動する人もいるのだとか。
寄付を通じて日本をより深く知るいいきっかけづくりと言えるでしょう。
多くの自治体では寄附への感謝を伝えるために、地域の名産品などを「お礼の品」にして寄附者に送っています。
自治体にとっては「お礼の品」を通して、地域の特産品や産業を全国の人に知ってもらえるための貴重な機会にもなっています。
おさめたお金がどんな形で使われるのかを事前に知ることもできるので、気になる地方を探すことも難しくありません。

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税は、一定がくの税金が控除される仕組みになっています。
税金控除を受けるためには、「確定申告」を行うか特別な制度への申請手続きが必須となります。
この制度は一年以内の寄付先が指定数以下なら、確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる制度です。
書類を送付することで一定額を差し引いた額が住民税から控除されます。
確定申告と併せて申請することは不可となっているため気をつけましょう。
この点は間違えやすく、問い合わせも多いそうなので検討している人は注意しましょう。
この制度は確定申告と手続きも異なります。
控除申請が必要なケースもありますので覚えておきましょう。
確定申告の内容が最優先となることから、後で手続きなどが変わるといった旨を伝えることは不要です。


この記事をシェアする